腰痛になりやすい職場環境があります

職場環境によって、腰を痛めやすい人と、そうでない人の違いが出ると言われています。まず腰を痛めやすい環境に、「座りっぱなしの環境」があります。例えばパソコンを使ったジム仕事をする人の多くは、長時間イスに座りっぱなしになります。

姿勢が悪い人も多く、腰を痛めやすい傾向があります。タクシードライバーやトラック運転手も、長時間の座り仕事のため、腰痛を発症しやすい傾向があります。一定の時間ごとに休憩を取るようにするなど、対策を立てる必要があります。

また「重い物を持ち運ぶ業種」に就いている人も、腰を痛めやすい傾向があります。例えば工場で段ボールなどを運ぶ機会が多い人、引っ越し業務、宅配便ドライバーなどは重い物を運ぶのが仕事のため、腰痛になりやすいと言えるでしょう。正しい姿勢を保ち、腰を痛めないような荷物の持ち方を学ぶなど、重い物に持っても腰を痛めないよう注意する必要があります。

それぞれの職場環境に応じた対策を取って、腰痛にならないようにしましょう。