椎間板付近の炎症という診断を受けました

昨年の7月頃、忙しいあまり不規則な生活
(睡眠時間3時間/ベットからすぐに起き上がれる姿勢で仮眠)をしていたところ、
腰を痛めました。(当時の症状:歩行時や階段昇降でビシビシする痛み)
そのときは、鍼灸を取扱う整体で矯正・電気療法をして
およそ1ヶ月くらいで治まったのですが、
それ以降、生理が来る前後あたりになると、
7月頃の腰痛と同じ症状がでるようになりました。
そして……
昨年の年の瀬、腰~臀部にかけて、
経験したことのない激痛が走り、全く身動きとれず、
今年の元旦は痛みのあまりずっと寝込んでいました。
(症状:激痛→歩行、くしゃみ、かがむ、仰向け、
うつ伏せ、横に向いて寝る いずれも)
三が日明けて、整形外科の方へ行き、簡易レントゲンをとりましたが、
骨や神経に異常はなく、椎間板付近の炎症という診断を受けました。
今はコルセットと湿布と薬を処方され、治している最中ですが、
今後、再発しないためにも
『ダイエットと腹筋を鍛える』よう医師に指摘されました。

身長151?に対して49キロは、やはり太りすぎでしょうか……。
10代の頃から、ご飯を食べたり食べなかったりすることがあり、
太った、デブ などといわれると、
暫く食べなくなってしまいます……。